英語勉強中のちょっとしたコラム

【経験者からアドバイス】出張や旅行には黒色のキャリーケースでOK

旅行 キャリーケース

あなたは出張や旅行にどのようなスタイルで行っていますか?

スーツケース? リュックタイプ?

結論を言いましょう。

旅行や出張にはキャリーケースと書類カバンorリュックで十分です。

しかも、色は「黒色=black」でOKですよ。

今回はこんな感じで記事を書いていきますが、はっきり言ってなるほどと思ってくれること間違いなし…だと思います。

この記事で分かること

数日の出張・旅行であればキャリーケースで十分事足りること、その理由

実際にキャリーケースを選ぶときのポイント

【経験者からのアドバイス】出張や旅行にはキャリーケースが絶対便利

私自身、プライベートな旅行は大好きで、特にサラリーマンを辞めてからは3日から1週間くらいの旅行に結構頻繁に出かけています(金がヤバい)

また、サラリーマン時代も、プライベートな旅行以外でも、海外・国内の出張の機会がかなりありました。

この出張経験(回数)というのは、恐らく普通のサラリーマンよりも多いものであると思っています。

そして出張にしろプライベート旅行にしろ、移動の手段は基本的に電車(新幹線)か飛行機であることが多く、また荷物の大半は衣類であることも知っています。

これらの経験から、数日間の旅行に際してはキャリーケースは便利だし、必要十分であると自信を持って言えます。

なので、改めて言います!

旅行や出張にはキャリーケースと書類カバンorリュックで十分です。

何度もすみません。

でも、これが結論であり、これ以上でも以下でもないと考えています。

キャリーケースの優れている点

キャリーケースの優れている点を簡単に見てみましょう。

キャリーケースにはたくさんのものが入る

これは簡単でシンプルですが、一般的なボストンバックなどに比べて多くのものが入ります。

出張や旅行では、それなりの衣類が必要になりますが、衣類って結構かさばりますよね。

リュックタイプのカバンで出張や旅行に行くこともできますけど、やはり衣類や整髪料などはかさばりますから、普通のサイズのカバンだとちょっと入らなかったりしますよね。

特に出張の場合などはパソコンや書類などもありますから、スーツケースとまではいわないですが、それなりの容量があったほうが絶対にいい!

旅行の場合、帰りにお土産などもありますよね!

こうしたお土産など旅行前には想定していなかったモノなどが入るスペースも場合によっては必要となります。

キャリーケースは転がせて持ち運びができる

数日間の旅行や出張とは言っても、モノを詰めると結構たくさんになりますし、それはそれで重たくなります。

では、荷物全てが入るリュックやカバンで良いのか?

いや、よくないでしょ(笑

こんな時、転がせて持ち運べるキャリーケースは本当に便利ですよ。はっきり言って重たいものを持ちながらいろいろ移動したくないですからね。

【重要】機内持ち込みや新幹線の網棚に置ける

これ、実は非常にポイントが高い。

できれば荷物は自分のそばに置いておきたいじゃないですか。

また、飛行機などで到着した場合、荷物が出てくることにイライラすることも多くあります。

でも、機内持ち込みや新幹線の網棚スペースにおけるサイズであれば、いつでも自分の目の届くところに置いておけますね。

後ほど書きますが、基本的にキャリーケースには貴重品は入れないようにしておくべきですが、それでも自分の目や手の届く範囲内にあるというのは極めて重要なことです。

キャリーケースはホテルに置いておける

旅行先は出張での仕事先へは、リュックや書類カバンで移動します。

そうすると余計な衣類などはホテルに置いておくことになりますが、むき出しのままっていうわけにもいかないですよね。

まぁ、そうしてもいいですが(笑

こんな時は、キャリーケースをそのままホテルの部屋においてで先に行くことができますよね。

さすがに軽くて持ち運びやすいからといって、観光先や仕事先にゴロゴロとキャリーケースを持っていくのは面倒くさいですからね。

もちろん、特に仕事などで多くの書類などがあった時は手で持っていくよりもキャリーケースで運んだほうが楽ということはありますけど。

旅行用のキャリーケースの選び方

では、どんなキャリーケースを選んだらいいのか?

まず、そもそも論としてキャリーケースで運ぶものは基本的に衣料品と心得ることが大切です。

この観点から見れば、あとは簡単です。選ぶポイントはたったの二つですから!

なるべく軽いものを選ぶ

持ち運びの一番の敵は重たいこと。

なので、徹底的に軽いものを選びましょう。

キャリーケースは安いもので十分

キャリーケースのもっとも大切な役割はモノを運ぶことです。

好みにもよりますが、格好いい外見などは個人的には不要と考えます。

それに基本的には衣類を運ぶものなので、安いもので十分。

基本的には機内持ち込みなどを想定しているので、がっつりとしたロックなどは必要ではありません。

最近はTSAのロックがわりと標準装備されているものが多いです。

個人的に使っているキャリーケースは数年前に買ったものでTSAロックはついていませんが、機内持ち込みをするので何ら問題ないです。

ロック部分が壊れてしまったので百円ショップで南京錠を買ってきておまけ程度に着けているだけでホテルに置いていますが、今まで取られたことはありません。

脱線するようですが、特に外国のホテルでは盗まれてもいいものしかホテルの部屋においておかないようにしましょうね。

スーツケースの色は黒色が一番無難

これは、個人の好みにもよりますが、色は黒が一番無難です。

なぜなら、黒色は基本的に飽きがこない。

しかも、電車やバス、飛行機などでもある意味では一番目立ちません。

そもそも、どんな色がいいかなぁと考える時点で時間の無駄になりませんか?

サクッと、黒色にしちゃって、他のことを考えたほうがよほど生産性が高まるというものです。

 

5日程度の出張や旅行ならキャリーバックと書類カバンorリュックで行くこと!

もう、シンプルこの上ないですね。

観光や仕事で移動するときにはより身軽になって外出しましょう!

そのうえで、そのほかの荷物はきちんと収納でき、持ち運べ、そのうえでホテルに置いておけるようにできたほうが断然いいことがわかりますよね。

そうすると、キャリーバック&リュックのコンビで旅行や出張に対応することが一番効率的かつ手軽な方法となります。

キャリーケースに余裕があったら、そのかばんやリュックだって、ホテルまでの移動中などは仕舞っておいてもいいですね!

実際、個人的にそうすることが多いですよ。手で持って運ぶより楽ですから!

 

まとめ:5日程度の旅行や出張ならキャリーバックで十分(裏技も解説)

もう、ここまでくると、何も言うまい(笑

でも、本当ですよ。

ちなみに私は1週間くらいの出張でもキャリーケースで行けます。

これが可能となるミソは、ホテルで洗濯をする、です。

お金に余裕があって時間がない場合はランドリーサービスでもいいですが、私個人としてはホテルの部屋で夜シコシコと洗濯をすることが多いです(特に海外ホテル)。

また、日本の場合、多くのビジネスホテルに洗濯機や乾燥機が設置されているランドリールームなどがありますから、それらを利用することが多いですね。

したがって、なにも1週間分の衣類を出張や旅行にもっていかなくても全然OKなわけです。

などということをしてかさばる荷物をなるべく圧縮できれば、出張や旅行にもっていく荷物も少なくすることができますよね。

いずれにしても、数日くらいの旅行や出張であればキャリーケースとその他バックの組み合わせで十分に間に合いますから、いちいち重たいスーツケースを引きずったり、カバン一つで間に合うぜ、などと無理する必要は全くありませんよ!

では、また!

 

RELATED POST