英語勉強中のちょっとしたコラム

海外旅行の一人旅にに英語は必要?疲れてるあなたを安心させます

一人旅 英語

今の時代、Wi-Fiなどで海外のほとんどどこでもネットにつながることができますから、海外旅行はわりと身近になってきましたよね。

でも、もしかしたらあなたは、そんな今の時代にあっても「まだ一度も海外に行ったことがありません」という人かもしれませんね。

いえ、別にいいんですよ。

海外旅行は簡単に行ける時代とは言っても、そんな機会がなかった。

はじめ他の海外は一人じゃなくて友達とがいいなどの理由から、まだ海外旅行に行ったことがないのだって、全然OKですから。

では、今回はそんなあなたに、海外旅行の一人旅で英語が必要か、ということについて真面目に書いていきますね。

この記事で分かること

海外旅行で非日常を体験する

英語初心者おすすめの海外旅行先

海外旅行では実は英語が必要な機会はあまりない(安心ですね)

疲れているのは日本語コミュニケーションだったりしてない?

ふわっとした気持ちで読んでください。

英語はともかく、海外旅行で日頃のストレスを発散、忘れることができる

気分転換 一人旅

前に英語の勉強に疲れたら旅に出よう(英語勉強中の気分転換のすすめ)って記事を書きました。

これは、英語の勉強に疲れたあなたにおくるドライブなどを絡めた国内旅行の話でした。

この記事のエッセンス自体は心が疲れたら旅に出ましょう、というものです。

旅に出ると、いわゆる非日常を経験することができます。

あなたも国内旅行くらいは経験したことがあると思います。

例えば知らない土地で知らないお店に入ってみる、いつもと寝ているベッドや布団が違う、素敵な景色を見ることができる、などなど。

いつもストレスを感じる日常、それはノルマであったり上司であったり、職場の人間関係であったりします。

でも、そうした日常は旅に出ることで少し忘れることができますよね。

旅の計画を立てているときのワクワク感。

旅行に向かう時の切符を買って駅の改札を出た時。

(まだわからないかもしれませんが)空港について海外に向かう時のちょっとしたドキドキ感

まだ旅行に行っていないのにもかかわらず、こういう感覚はすでに非日常の感覚だったりします。

それが、初めての海外旅行一人旅だったりすると、ちょっとの不安やドキドキと、これから始まる日本とはちょっと異なる体験に心がウキウキしていることは間違いない。

もちろん、何か嫌な出来事や悲しい体験、心が疲れているなぁと思っているときであっても、その旅に向かう瞬間というのは、あなたは何かを変えたくて旅に出るわけですから、すごいドキドキ感はなくても、全然良いのですよ。

旅に出よう、そうした気持ちになっていること自体で、とっても良いことですから。

気分転換ランキング
英語の勉強に疲れたあなたに気分転換の方法おすすめランキング毎日辛い、なんか疲れた…。 英語の勉強にも身が入らない。。。 最近、こういうことをついつい口に出して言っていませんか? ...

 

英語が母国語でない東南アジアは一人旅におすすめの旅行先!

東南アジア 英語

さて、前置きがちょっと長くなってしまいましたが、初めての海外旅行の一人旅でのおススメは東南アジアです。

特に、タイ、台湾、マレーシアがとってもおススメですよ。

この両国に共通していることは、4つあります。

物価が安いこと

楽しめる観光地がたくさんあること

比較的治安が安定していること

英語が母国語ではない!

海外に行くには様々なポイントがあります。

治安、滞在費、観光スポット、食事、そして言語ですね。

そうした中で東南アジア各国は「英語が母国語ではない」のです。

ヨーロッパ各国などは確かに英語は母国語ではありません。しかし、わりと皆さん流ちょうに英語を話しますし、そもそも欧米人というだけで若干気後れしませんか?

そんな中、東南アジア各国の人々は、人にもよりますが基本的に日本人と同等程度の英語力しかない人が多いです。

また、顔かたちも同じアジア人ですから、日本人の我々からすると非常にとっつきやすいですよ。(※もちろん、ホイホイとついていかないように!)

あなたがもし、英語ができないのでと海外旅行を行くことをためらっているのであれば、とっても安心できる材料ですよね。

こうしたことを加味して、個人的なおススメ海外一人旅行先を簡単に。

タイ(おススメ度ナンバーワン)
  1. 治安:繁華街の裏道や怪しそうなお店などに行かなければ比較的安全。
  2. 滞在費(物価):一食100-200円程度、ホテルなどもピンキリだが数千円程度できちんとしたホテルに泊まれる。数百円でもバックパッカー向けのドミトリ形式の宿もたくさんある。
  3. 観光スポット:バンコク市内にたくさん。寺院やマッサージなども安価に楽しめますよ。移動もタクシーなどを使って安価に移動できる。バンコク外も北部にアユタヤや南部のビーチなどのんびりできるところはたくさんあります。
  4. 食事:東南アジアの香草(パクチー)など好き嫌いはわかれるが、非常に美味しい。もちろん、首都バンコクは各国料理のお店もたくさんある(日本料理のお店もあるがちょっと高いかな)
  5. 言語:タイ語(クメール)が主流だが、お店の人などは日本人の片言英語と同じレベルの人が多い。なので、自分の英語がだめと思わずにどんどん話しかけよう!
台湾(ナンバーワンにしたい)
  1. 治安:タイと同じく繁華街の裏道や怪しそうなお店などに行かなければ比較的安全。
  2. 滞在費(物価):一食100-200円程度、ホテルなどもピンキリだが数千円程度できちんとしたホテルに泊まれる。
  3. 観光スポット:台北・台南市内ともにたくさん。移動も市内電車であるMRTやタクシーなどを使って安価に移動できる。
  4. 食事:基本的に中華料理がベースとなっており、日本人にとってもなじみやすい。というか安くて非常に美味しい料理が多い。屋台は台湾でもメインの観光スポット。
  5. 言語:中国語が基本だが、英語や観光地のレストランやショップでは日本語も通じる。
マレーシア(KLは素敵な都市)
  1. 治安:繁華街の裏道や怪しそうなお店などに行かなければ比較的安全。
  2. 滞在費(物価):一食100-200円程度、ホテルなどもピンキリだが数千円程度できちんとしたホテルに泊まれる。
  3. 観光スポット:クアラルンプール市内はペトロナスタワーをはじめとする超高層ビル群もあるほか、屋台街など庶民的な観光スポットもたくさん。移動も市内電車であるMRTやタクシーなどを使って安価に移動できる。郊外に行くとビーチリゾートもたくさんありますよ。
  4. 食事:マレー系、中国系、インド系という民族で構成されており、それぞれの味が楽しめる。ナシゴレン、ミーゴレン、サテ(焼き鳥)、バクテー(肉骨茶)などが有名で病みつきになる。
  5. 言語:マレー語が言語だが英語も非常に流ちょう。でも、同じアジア人でもあり話しかけるのにそんなに気後れはしないですよ。

とりあえず3つの行先を上げましたが、それ以外でもフィリッピンやカンボジア、そしてベトナムなどは本当にいいですね!

この辺りは、また後程記事にしたいと思います。

 

英語が必要な時は、海外旅行の一人旅では実はほとんどない!

海外旅行に行くと、とにかく英語ができないとだめだ、ということを思っているかも知れませんか?

ぜーんぜん、そんなことないですよ!

細かいことを言い出すとキリがありません。

ですが、基本的に英語を使うシチュエーションは、入国審査、ホテル、ご飯を食べるときの3つくらいです。

ただ、実は入国審査の際に入国目的や滞在日数などを聞かれたことは、ほとんどありません。

例えばタイ入国の場合はパスポートと入国カード(機内などで配られますよ)を提示してしまえば終わりってことがとっても多いです。

また、ホテルでは「チェックインプリーズ」の一言で済んでしまうことも多いです。

ご飯を食べるときもメニュー表を指さして「this、this(これ)」と言ってればOKのことも多い。

ほらね。

このように、実は英語が絶対に必要なシチュエーションって、実はほとんどないのですよ。

もちろん、全部が指差しで事が済むということはありません。

しかし、少なくとも単に海外旅行に行って、観光地や食事を楽しむくらいであれば、ほとんど英語の必要性はありません。

郊外に出かけるときや市内移動で公共交通機関を使う場合も、事前に行先やバスなどの乗り場をネットで確認しておけば全然OK!

 

英語ができなくても海外旅行の一人旅は楽しめるけど

外国人との会話 コツ まとめ

というわけで、英語ができなくても海外旅行の一人旅はとっても楽しめます。

特に東南アジアだと日本から近いこともあって、疲れているあなたがいつもの日常を少しでも忘れる非日常の空間が広がっています。

たくさん歩いて、いろいろなものを見て、美味しい食事を楽しんで、だれにも邪魔されない一人の時間を過ごすこととができます。

あなたの今回の旅行の目的が、まったく誰とも接触しないものであれば、英語がほとんどできなくても全く問題ないでしょう。

実はあなたが疲れているのは「日本語でのコミュニケーション」だったりしませんか? 

 

海外に行ったら基本的に英語でのコミュニケーションとなりますが、英語でなんとかコミュケーションを取っているときって、なにげに日本語でコミュニケーションをとっているときと違って変な気苦労をしないことがあります。

 

もちろん、海外でコミュニケーションをとっている相手が、いつも合う人間と全く異なることが大きな要因ではあります。

ですが、もう一つには旅行という非日常空間の中であなたがリラックスできている証拠でもあります。

別に外国人とガンガンコミュニケーションをしろというわけではありません。

ですが、そうした非日常の中の何らの機会、例えば夕ご飯を取るために訪れた屋台で隣り合った旅行者などとちょっと話をする機会があるときなどは、そのコミュニケーションを無理なくとれる機会でもあります。

そうした時は、無理のはない範囲でコミュニケーションを取ってみると、意外とストレスなく話せている自分に気が付くことができますよ。

旅行が終わってSNSなどでやり取りをするのでなければ、その場限りの関係ということもあってリラックスして会話ができたりします。

そんな時にちょっとだけ武器になるのが「英語」です。

なので、あまり無理はしなくてもいいのです。

でも、そうした非日常の空間のリラックスした状態を楽しむためにも、ちょっとの英語ができていたほうが、あなたの疲れた状態をより和らげることができるといえますよ。

  • 疲れているのは、実は日本語コミュニケーションだったりする。
  • 日常で全くつながりのない(何の関係もない)外国人とコミュニケーションをとることで、意外とリラックスできる。
  • そのためにもちょっとだけ英語ができたほうが、より海外旅行におけるリラックス効果が高い。

 

まとめ:海外旅行の一人旅にはちょっとだけ英語をやっておくといいよ

英会話喫茶 最高の場所

旅行、特に海外旅行は、いつもの日常を忘れることのできる良い機会です。

毎日の日常に疲れてしまったら、日本からも近い東南アジアをぜひ旅行してください。

事前にきちんと調べておけば、英語だってそんなに必要な機会は少ないですし、編に迷うこともありません。ごはんも美味しいですし、気候もいい。

まさに心が洗わえる体験ができると思います。

そんな中、ちょっとでも英語ができると、ふと英語が必要になるときの対策のみならず、外国人とのコミュニケーションも取ることができます。

全く人と触れ合わない旅というのもいいですが、ちょっとだけ旅先で人と触れ合う旅というのも、一人旅のだいご味でもあります。

手振り身振りを交えて、ちょっとだけ英語の会話を楽しんでみてはいかがでしょうか。

それもまた、海外一人旅における楽しみでもありますよ。

では、また。

RELATED POST