英語勉強のモチベーション

英語の勉強に疲れたあなたに気分転換の方法おすすめランキング

気分転換ランキング

毎日辛い、なんか疲れた…。

英語の勉強にも身が入らない。。。

最近、こういうことをついつい口に出して言っていませんか?

なんか、本当に心の底からわかります。

というより、私も英語の勉強で壁にぶち当たった時「あぁ、私もこうだった」とかつての自分を思い出して、本当にあなたの今の境遇に共感します。

本当に毎日が辛かった。。。

満員電車、パワハラ上司、たくさんのキャパを超えた仕事、残業で疲れ果てて家路に帰る。。。

そんなので、なかなか英語の勉強に集中できないですよね。

私もこうした日常を過ごしていました。

もちろん、今もいろいろな悩みがあって、その都度「疲れたなぁ」と言ってしまう自分がいます。

こうしたことって、心があなたに危険を語りかけているってことなんですよね。

なので、こうしたときは積極的に気分転換を図ることが必要になってきます。

気分転換を上手にすると心がリフレッシュされて自然と心が落ち着き、その先の生活に対する心構えも、より前向きなものになってきますよ。

今回の記事では、そうしたあなたに贈るとっておきの方法をお教えします。

ランキング形式で紹介しますが、あなたのできる方法でやってみてくださいね。

英語の勉強に疲れたあなたに気分転換の方法おすすめランキング

気分転換 寝るシンプルに寝てみる

10位 寝る

疲れているということは、もちろん肉体的な疲労もあります。

ですが、そのほとんどは日常生活の中でいろいろな辛いことや困難なことで、今現在直面していることに対して心が疲弊していることです。

そうしたとき、日常生活の辛さ・困難を一時的にでもなくすことができる方法は「寝る」ことです。

少なくとも睡眠中には、現実のことはどこかに飛んでいきます。

ふわっとした布団でゆっくり寝てみてください。

眠りにつく瞬間、とてもリラックスしている自分がいますから。

 

9位 コーヒー、紅茶などを飲む

気分転換 コーヒーや読書気分転換にコーヒーを飲みながら、読書やDVDを見てみる休日もいいですね。

余裕がない時って、何かとせわしなく、ちょっとしたことでも余裕なく過ごしています。

そんなあなたはちょっと立ち止まることが必要です。

何かに急いでいるとき、例えば締め切りとかがある、どこかに急がなければならない、〇〇をしなければならない。

もちろん、英語の勉強をしているときもそうです。

根を詰めてバリバリ勉強していると、ふっと疲れを感じるときなんかがありますよね。

そんな時、飲み物を飲んでください。

決してふざけているわけではなく、そうすることで「ほっと一息」つき、今後の行動に対する対処方法を考える時間ができます

また、いつもとは違う飲み物を飲んでみるのもおすすめです。

いつもは(インスタントの)コーヒーを飲んでいるが、今日は紅茶にしてみようか。それともコーヒーはコーヒーだが、豆から挽いてもらうか。などなど。

こうした、いつもとは小さくても違う非日常の行動をとることによって気分転換をすることができますよ。

ちなみに、この飲み物を飲むという気分転換、次の音楽を聴いたり、読書をするときなどと組み合わせてももちろんOKです。

8位 音楽を聴く

これには二つの効果があります。

まずは、音楽を聴くことにより、非日常を体験し気分転換を図ること。

何かに追い詰められたりして心に余裕がない時って、意外と行動や視野が単調になりがちです。

そんな時、飲み物を飲む時と同じですが、一歩立ち止まって何かの音楽を一曲聞いてみる、こうすることにより何かを考える時間ができます。

また、ヒーリングミュージックなどは心を落ち着ける効果があります。

椅子に腰かけたり、ベットの上でゆっくりとした時間を過ごしてみるというのも、気分転換にはとっても良い効果があります。

つぎに、音楽や歌を聞いて、そこに込められている意味によって心を元気にするという効果です。

英語の勉強で壁にぶち当たる、集中できない。

つらく厳しい時に元気の出る歌や曲を聴いて、心を奮い立たせようというものです。

「負けないで(zard)」とか「映画ロッキーのテーマ曲」など歌や曲、何でもいいのですが、あなたにもそうした時に聞く音楽があったりしませんか?

ちょっとだけ時間を取って、音楽を聴いてみましょう。ほっと一息つけるし、英語学習に対して心が奮い立ちますよ。

7位 読書・マンガを読む、映画を見る

辛い時や困難な時の日常を転換する。

これが気分転換ですが、読書やマンガ、映画などそれを楽しんでいる間は、その世界に集中することから、今現在あなたが直面している困難から逃げることができるとともに、その世界から何かを得ることもできたりします。

楽しい物語ですかっとするのもいいでしょう。
辛い物語で、辛いのは自分だけではないと共感するのもいいでしょう。
感動する物語で、自分ももっと心が広い人間になろうと思うのもいいですね。

ずっぽりとその物語の世界観にはまってください。

出てくる物語の主人公になり切ってください。

そうしている間は少なくとも、あなたは現在を生きている人間ではなく、その物語の中に生きていることになります。

また、読書では小説以外でもたくさんのジャンルがありますが、何かの一節から得られる教訓などもあるかもしれません。

ただし、あまりにもはまりすぎて英語の勉強時間を削ることまではしないでくださいね。

あくまでも気分転換です。

ただ、本当に気が乗らないときは、いっそのことその日はマンガの日にする、というのも手かもしれません。

6位 お風呂に入る(湯舟につかる)

気分転換 湯船実際の温泉が難しくても、温泉の素など淹れてみてリラックスしてみては?

科学的にはお風呂、湯船につかると体のリラックス作用を及ぼす副交感神経が刺激されるとされています。

想像してみてください。

温泉につかってゆっくりしている自分‥。

もちろん、自宅のお風呂は温泉地などの大浴場とは違って小さいです

ですが、それでもゆっくりとお湯につかることで「ふぅ~」という何とも言えない「幸せな溜息」が出ますよね。

それです。それこそがリラックスできている証拠です。

余裕があったら温泉の素などの入浴剤を入れてみるなどもおすすめですね。

繰り返します。英語の勉強に集中できないなぁとか、疲れているなぁと感じたら、何も考えず、ゆっくりと湯船につかってみてください。

 

5位 運動をする

英語の勉強に集中できないとき、やる気が出ないとき、こんな時は心に余裕がない時ですよね。

こんな時の気分転換の方法でよいとされるのが、きっちりと汗をかくことです。

しっかりと汗をかくことによって、二つの効果があります。

一つは身体面。

「健康な精神は健康な肉体に宿る」という言葉があるように、身体に不調があると人は行動的ではなくなり、精神面もマイナス思考になってきます。

こんな時、しっかりと運動をすることにより肉体面から精神面にプラスの作用を及ぼす効果的な気分転換となります。

二つ目は精神面の作用です。

外でランニングやテニスをする、自宅でしっかりとストレッチをする、何でもいいのですが、しっかりと汗をかくことを想像してみてください。

あなたの体の中にある「悪いもの」が、大量の汗と一緒になって流れていってしまうことを想像してみてください

そうそう、そうして、たっぷりと汗をかきます。

もっともっと大量の汗を流します。そして、身体の中にある悪いもの、悪い気、悪い運勢もしっかり洗い流してしまいましょう!

ストレッチと有酸素運動
【英語勉強の息抜き】youtubeを見ながらストレッチと有酸素運動なんか、疲れたなぁ、 毎日毎日仕事でお疲れ様です。 最近、お腹周りがタプタプしてきたとか、疲れやすいとか、体力面にちょっとだ...

4位 机の上を片付ける(断捨離をする)

あなたは部屋のどこで英語を勉強していますか?

デスク? ダイイングテーブル? こたつの上?

でも、どこにしても、なんかぐちゃぐちゃじゃないですか?

ここで気分転換におすすめの方法としては、捨てまくることです。

こうすることにによって、物理的にモノが無くなると心が軽くなったように感じられますのでとっておきの気分転換の方法ですよ。

いいですか、「整理」ではないですよ。捨てまくることですよ。

ポイントは、仕事や日常生活に絶対に必要と思ったもの以外は捨てることです。

思い切って捨てる、迷ったら捨てる。

「使えるかもしれない」「必要かもしれない」という「~も知れない」というものは全部捨ててしまってください。

そうすると、モノが無くなって心も本当にすっきりします。

そして英語だけに集中できる空間を作り上げることができますよ。

3位 動物カフェに行ってみる

気分転換 猫カフェモフモフの猫たちに癒されてみる。。。

動物(アニマル)セラピーという言葉もあるように、一部の施設などでは動物セラピーの効果が確認されています。

アニマルセラピーとは、動物と触れ合わせることでその人に内在するストレスを軽減させたり、あるいは当人に自信を持たせたりといったことを通じて精神的な健康を回復させることができると考えられている。引用:アニマルセラピー(wikipedia)

皆さんは、動物と触れ合う事で、心が落ち着いたりストレスが軽減したりなどの癒し体験を、一度はお持ちではないでしょうか。 そうした時、不思議と元気が出てきたり、自信がついた気分になられた事でしょう。 こうした「動物を通した癒し」がアニマルセラピーであり(略) 引用:日本アニマルセラピー協会 

なかなか自宅や賃貸に住んでいる人は、犬や猫をはじめとするペットは飼うことは難しいかもしれません。

ですが、各地にある動物園のほか、都市部ではいわゆる「猫カフェ」のように動物と直に触れ合える施設なども増えています。

そうしたカフェなどで実際に猫や犬に触れてみてください。

可愛い猫ちゃんのモフモフした感触、本当に落ち着きますよ。

2位 散歩をする

お手軽、かつタダでできる気分転換法が「散歩」。

英語の勉強に疲れた・集中できないという時、ちょっとだけ運動靴を履いて、近所をフラフラしてみませんか?

科学的な効果としては、二つあります。

まず、運動をすることにより特に下半身の血液循環を良くすること。これにより脳にも酸素が供給されることになります。

次に、セロトニンというホルモンが分泌されることによる前向きな気持ちを作ることができること。

つまり、散歩=歩くことにより、英語を勉強しようとする心身にとってもいい影響があるということですね。

また、これは単に休日にできることだけではありません。

疲れて余裕がなくなってくると、例えば帰宅時などでも、最寄りの駅からスーパーやコンビニで買い物をして、そのまままっすぐと家に帰る。こうした行動が多いと思います。

そんな時、そのまま家に帰っても英語の勉強に集中できるはずがありません。

こうしたとき、わざと遠回りして帰ってみることをおススメします。

別に変な路地に入る必要はないですが、ちょっと遠回りして違う道から帰ってみる。思いもかけない発見などがあるかもしれませんよ。

1位 一人旅に出てみる

気分転換 一人旅

私がおすすめしたい英語の勉強に疲れた時の最強の気分転換方法。

それが一人旅に出ること。

旅行の計画を立てるときのワクワク

旅行の計画を立てないで行くときのドキドキ

仕事や日常と異なった、まだ見ぬ土地での体験。

都会とは違った空気感、時間の流れ、取り巻く雰囲気の違い。

何しろ自分だけの世界…。

一人旅の良さ、いくらでも出てきます。

バタバタと日帰りで忙しくする旅ではなく、のんびりと一人旅を楽しむためにはそれなりの時間と費用が必要になってきます。

したがって、今を一生懸命仕事や日常に追われているあなたには、簡単にはできませんよね。

でもね、でもですよ。

旅って、本当にいいものなんですよね。

英語の勉強につかれた。

そもそも、何のために英語の勉強しているんだっけ?

別に英語、しなくてもいいんじゃないか?

そんな疑問などが出てきたら、ぜひ旅に出てください…。

 

英語の勉強に疲れた時、気分転換をする方法はほかにもたくさんある

気分転換の方法のほとんどは難易度は低い

私が今回の記事で示したのは、ほんの一例です。

そのほかにもたくさんの気分転換やリラックスができる方法があります。

美味しいものを食べる、座禅・深呼吸をする、マッサージを受ける、アロマをたく、カラオケに行く、むしろ何もしない…。

あなたにはあなたにあった気分転換、リラックス方法があるでしょう。

そしてそのほとんどが、実行に際しての難易度は結構低いです。

もちろん、ある程度の時間を取って旅に出るなどの方法は時間とお金が必要になってきます。

ですが、私がここでランキングとして例示した内容のほとんどは、タダでできるorかかってもたいした金額ではないものがほとんどです。

気分転換やリラックスの方法が何も見つからないよー、という人は、あれこれ検索して効果や方法などを調べる前に、このランキングリストの中から順番にやってみたらどうでしょうか。

 

気分転換で大切なことは非日常を体験すること

それぞれの気分転換の方法で、効果の大小はそれぞれの人によって違いますが、これらすべてに言えることは「非日常」を体験することです。

通常に生活しているリズムをあえて崩すこと、これが気分転換の第一の方法です。

普通に行っている日常生活を崩すことによって、いつもとは違う感覚を肌で心で経験することができます。

こうしたあえて日常のリズムを崩すことで気分転換を図り、リラックスによって英語の勉強に対する集中心を再度高めるだけではなく、心身の安定を図ることができます。

そして、その方法はこのランキング例示を含めて、無限にあります。

上記の繰り返しになりますが、英語の勉強が辛いなぁ、疲れているなぁ、大変だなぁ、と感じた時にはぜひ気分転換を図ってください。

見つからないときには、ここに例示したことを試してみてください。

きっと、ゆっくりとした気分になり、英語の勉強への意欲、そして、その後の日常生活への心構えが変わってきますから。

まとめ:英語の勉強に疲れているあなたには適切な気分転換が絶対に必要

気分転換 必要

単に英語の勉強に行き詰っているだけならまだいいです。

心身、特に心が疲れてくると、その先に待っているのは心の病気になります。

うつ病などがその筆頭に挙げられますが、その病気にかかるかからないに限らず、心が疲れてしまうと、すべてがネガティブになり、やる気をなくします。

結果として、自分のみならず周りの人にも、あまりいい影響を与えません。

こうなる前に、ぜひ気分転換で心身の疲労を少しでも和らげることを、疲れたあなたの心のためにしてやってください。

ゆっくりリラックスした気分転換によって、あなたが毎日の生活を楽しく過ごせることを祈っています。

では、また。

 

RELATED POST