英語の勉強方法

英語の勉強ではシャドウイング、ディクテーション、英文法を攻略せよ

【英語勉強方法】社会人はシャドウイング、ディクテーション、英文法

 社会人の英語の勉強法はシンプルに分けて5つだけ

英語の勉強を始めるとき、どのように何を始めたらいいのか。

何か効率的な勉強方法はあるのか。そういったことはとても気になるところですよね。

勉強を始めようとするときに書店に行ったり、ネットの情報を見たりして、どのようにして勉強を始めようとするのか、いまいちよくわからないところですよね。

なんだか英語の勉強法っていろいろありそうと思われているかもしれませんが、英語の勉強方法は、大きく分けるととてもシンプルなものなのです。

英語の勉強はこの5つだけ

ディクテーション シャドウイング 英文法

英英辞典  英会話実践

この記事で分かること

英語の勉強方法のうち、もっとも重要なディクテーション、シャドウイング、英文法の勉強の仕方がわかります。

英語の勉強ではシャドウイング、ディクテーション、英文法を攻略せよ

基本は上記の5つだけです。

基本は上記の5つだけだとしても、一見ハードルが高そうですよね。大丈夫、そんなに大変ではありません。要はしっかりとした集中です。

何のために英語を覚えるか。

仕事にしろ、受験や資格勉強にしろ、あなたが英語を使いたいというのは、外国人とコミュニケーションをとるためですよね。

これには、読み、書き、聞く、話すの4つのカテゴリがあります。

このうち読み書きも同時並行で勉強すればいいとは思います。

しかし、まずは時間の足りないビジネスウーマン・ビジネスマンは、ディクテーションとシャドウイング、英文法の3つを実践していくのが、結局英語上達の近道になります。

忙しい社会人のあなたは、まずは5つの勉強法うち、ディクテーションとシャドウイング、英文法にトライしていくこと

 

英語のディクテーションのコツ

ディクテーションとは

 

くまさん
くまさん
あー、この外人、何言っているか全然わかんないよ
くまさん
くまさん
TOEICのヒアリングセクションが不得意です

 

あなたもこうした悩みを抱えていることでしょう。

英語が聞き取れるようになるにはどうしたらよいんだろうか。

たくさん英語を聞けばいいのか。

多くの英語を聞くのも大切だけど、より効果的な方法もあるんじゃないか。

あります。

それは、ディクテーションです。

ディクテーションとは、流れてくる英語を書き取るというもの。

もしかしたら、あなたも、これはリスニングに大変効果的である、と、聞いたことがあるかもしれませんね。

リスニングの練習をするときに、集中して聴いていてもなにがなんだかわからないよ、とか集中力が続かないよ、などということがありますよね。

これに対して、ディクテーションは流れてきた英語を一語一語書き取っていくものであり、相当程度の集中力を使いますから効果的なリスニング練習法とされるものです。

この意味から、単に流れてくる英文を漫然と聞き流すだけの方法は、集中力の面からなかなか難しかったりします。

 

ディクテーションでは英語の音声・文章を書き取ることが大切

ディクテーションとは、流れてきた音声をそのまま書き取ることです。

効果として、ディクテーションをやることによって、「なんとなくわかったかもしれない」ということが「実は全く分かっていなかった」なんてことがよくあります。

だって、流れてきた英語内容がきっちりと把握できていれば、きちんと書き取れるはずですもんね。

この点、実際にディクテーションを行うと、あれ? これってなんて単語だったっけ? ということが結構あったりするということです。

くまさん
くまさん
なんとなくわかったかもしれない…。そういうのよくあるな。

効果のあるディクテーションのやり方

ディクテーションのためのテキストはなにをつかえばいいのか?

これ、実はスクリプトがあれば、基本的に何でもいいです。

TOEICのヒアリングテキストでもいいですし、NHKラジオ講座のテキストでも音源とスクリプトがあれば、基本的に何でもOKです。

もちろん、最初からビジネスマンのための英会話とか、凄く早く流れるものや長文は避けておいた方がいいでしょうけど。心が折れますからね。

やり方は簡単。

英文を聞いて聞いて聞きまくって書き取る

これだけです。とても簡単ですね。

その際、なるべく少ない回数で聞き取れるように集中することが大切です。また、完ぺきを求めないことです。

あぁ、これではさすがに丁寧さに欠けているような気がしますね。

では、もう少し具体的に…。

 

①まずは音声を何回か聞いてみましょう。スクリプトは見てはいけません。

同時にシャドウイングも行いましょう。

もちろん、最初はモゴモゴとしたもので良いですよ。

これは英文に対するリズムをとらえることに主眼を置いているので、完璧にできればそれに越したことはないのですが、なかなかそうはいきませんから、あまり心配しなくても大丈夫ですよ。

CDでもアプリでもいいので、ある一文やセンテンスをじっくり何度も聞き返し、またシャドウイングを繰り返しましょう。

 

②実際に書き出してみましょう。

何度か繰り返しヒアリングとシャドウイングを繰り返したら、実際にその例文を書き出してみましょう。実際に書き出してみようとすると、わからない部分が必ず出てきます。

わからない部分が出てきても、気にしない。

聞けないところは、少なくとも今のレベル・あなたの英語耳では聞けないのですから、気にしなくても大丈夫。必ずそのうち聞けるようになります。

同じように、単語がわかっても綴りがわからなくても大丈夫です。例えば、dictionary(辞書)という単語はわかったが、綴りがいまいちわからない、という場合であっても特に問題にする必要はありません。あとでテキストを見てわかればいいのですから。

何度も何度もCD・音声を聞き、書き出しましょう。

 

③これ以上はわからん!となりましたら、スクリプトを見て英文を確認しましょう。

スクリプトを見た瞬間、なんとも言われぬ開放感がありますよ。

英文を見るのは、これ以上聞いても1ミリもわからないというくらいまで集中して聴いてからにしましょう

 

④聞き取れなかった部分を確認する。

どこの単語、フレーズが聞き取れなかったか。しっかりと確認してみましょう。

 

⑤単語、英文の意味を確認する。

意味をしっかりとは把握しましょう。これをやらないと、綴りも間違っているかもしれないことに気づきません。

 

⑥音声部分を丸ごと暗記するために、音声に合わせて繰り返し発声練習をする。

音声に合わせることによって、発音やリズムを身に着けさせることが目的です。今日の勉強のターゲットになった英文やセンテンスを丸ごとリズムごと覚えるつもりで、音声に合わせて何度も繰り返しましょう。

 

ディクテーションのやり方のまとめ

①スクリプトを見ずに何回か聞く。

②書き取る。

③スクリプトを見る。

④何を言っていたか確認する。

⑤英文や英単語の意味を確認する。

⑥音声に合わせて繰り返し発声練習。

 

ディクテーションに完璧を求めない

完璧を求めてはいけない

これはすごく大切です。

ディクテーションをやっていると、ともすれば一語一語に集中するあまりに、check it out(チェキラ)やhave to(ハフタ)などと発音するいわゆるリエゾンと呼ばれる個所があったりします。

また、going(ゴーイン)、good job(グッジョブ)などgやdが消えるリダクションと呼ばれるものもあります。

さらに、inとかatとかの前置詞なども聞き取れないことがよくあります。

でも、いいのです。

これらは慣れます。

様々な英文音声に触れる間に、これらのフレーズがどのように発音されているかわかりますよ。

また、文法や英文フレーズのパターンなどの英語の総合力がついてくれば、おのずと類推できるようになります。

大丈夫、ぜーんぜん問題ないですから。

ディクテーションは流れてきた音声を書き留めるので本当に集中力を使います。でも、それが英語学習にとってもいい効果があるのですよ。

 

英語のシャドウイングのコツ

シャドウイングの素晴らしい効果

ネイティブの英会話をきちんと聞き取りたい

ペラペラと格好よく英語を話したい。

英語を勉強しようとするあなたは、こういう願望を持っていますよね。

どうしたらいいのか。

ディクテーションと並ぶ効果的な勉強方法が、シャドウイングです。

シャドウイングはあなたもご存じのように読んで字のごとく、英語の音声を追っかけていくものです。

あなたも好きな歌手の歌がテレビなどから流れてきたり、カラオケなどに行ったりすると流れてくる歌を一緒に口ずさんでいますよね。

それと同じで、英語の音声が流れてきたら、それにかぶせるように追っかけて行ってまねる。たったこれだけです。

シャドウイングの効果には、①スピードのあるネイティブ英語が聞き取れるようになる。②ネイティブ英語のスピード、リズムで話せるようになる、この二つがあります。

①ネイティブ英語が聞き取れるようになる。

シャドウイングを行うということは、流れてきた音声を発声することですが、ここでなぜ英語が聞き取れるようになるからだと思いますか。

それは、聞けていない音声は、あなた自身も発声することができないからです。

これは非常に重要で、英語を漫然と聞いているだけだと、なんとなく理解しているように錯覚しますが、実際に声に出してみると自分がいかにヒアリング・リスニングできていなかったかがよくわかります

よって、きっちりとシャドウイングの練習を行い、それができるようになると、それはすなわち、会話でも映画でもニュースを聞いていても、相手の言っていることがわかるということになる、ということです。

 

②ネイティブ英語のスピード、リズムで話せるようになる。

流れてきた音声をそのままの形で発声できる、つまり、ネイティブが発生した会話でも例文でも、それがマネできているということは、まさにネイティブがしゃべっている英語が話せているということになります。

スピードにしてもイントネーションにしても同じことですね。

横で聞いていた方は、あなたの英語力にびっくりするでしょう。

 

効果的なシャドウイングの練習方法

さて、そうはいっても、シャドウイングにはきちんとした練習が必要です。

最初は、流れてき音声をまねろと言っても、なかなか難しいですよね。

まず、使う教材です。

使う教材は、ディクテーションで使った教材でもいいでしょう。

また、もう少し長めのニュースなどの素材でもいいでしょう。

また、ニュース関係のアプリや市販のヒアリング用の講座やテキストでもいいですね。

ただし、ディクテーションで使った教材は英文の構成や内容がわかってしまっているので、ある意味で復習という位置づけになってしまうからです。

まぁ、それでもいいのですけど、ニュースやヒアリング用の講座・テキストは、ニュース性が新しかったり、映画やドラマなどの実際の内容が入っていたりと、かなりバラエティがあるので、どちらかと言えば、こちらの方がおすすめかな。

違う教材をやることにより、飽きも来ないというメリットもありますし。

次に具体的なシャドウイング練習方法です。

シャドウイングですが、これは聞きまくり、真似しまくりという感じで行うのが、変に小難しい理屈をつけるよりも、結局なんだかんだ言いながら効果的です。

まず、教材をセットします。

そして聞き、出てくる音声をまねてください。通勤時間帯に使う場合はクチパクでもいいと思います。

聞きまくり・真似しまくりの際には、テキストやスクリプト付の教材を使う場合、それは一切見てはいけません

次に、この流れてきた英語の音が何を言っていたか思い返してみましょう。

これは繰り返し聴きまくり・真似しまくった後でもいいです。もちろん、文章をまねている途中、まさにシャドウイングを行っている最中にもふわっとこんな感じのことを言っているなぁ、なんて考えることはできますけどね。

そして最終的にテキスト・スクリプトを見てみましょう。

そして自分の理解が正しかったか確認します。

この際、別に紹介したディクテーションの方法を使って、それぞれのセンテンスを書き出してみるということも方法の一つです。

これを行うことによって、リズム、意味などの相乗効果が期待できますが、ディクテーションとシャドウイングではどうしてもシャドウイングの音声のほうが長い教材を使うことになるでしょうから、これはあまり無理しないでもいいです。

効果的なディクテーションの方法

①教材をセット

②出てくる音声をまねる(繰り返し何度も!)

③意味を思いだしてみる

④テキスト・スクリプトで内容を確認する

 

シャドウイングをすることにくじけない

シャドウイングの最初の頃は、なんだかムニャムニャとしか発音・発声しかできませんが、これはきちんと聞き取れていないということですが、全然問題ありません。

最初からできる人なんていないですからね。

むしろ、最初からできていたら、あなたは語学の天才です。もう、私のもとから巣立って行ってもいいくらいですよ(笑

なので、最初は聞き取れなくて当然だという気持ちでOKです。

どんどん英文に取り組んでいってみてください。それこそ大量の英文を聞いて聞いて聞きまくり、そして、発声して発生して発声しまくるのです

くまさん
くまさん
最初は聞き取れなくても大丈夫。まったり行こう。

 

シャドウイングの効果は意外とすぐに出てくる

シャドウイングは毎日続けることが大切で、それを前提として、どのくらいで効果が出るのかといことを話しをします。

1か月もたたないうちから効果が出ます。

ためしに1か月やってみてください。毎日の通勤の行き帰りでもいいですし、寝る前の20分でもいいです。

そうすると1か月後に、あれ、なんとなく聞き取れている、言っていることの内容がわかる、というのが実感できるでしょう。

また、英会話教室に通っていたり、オンライン英会話スクールを受講している方は、講師の先生にあなた自身の正直なヒアリング・スピーキング能力について聞いてみてください。

あまり過度なお世辞はともかくとして、確実にあなたの英語力がアップしていることを認めてくれるでしょう。

なぜなら、効果のところでも書きましたように、流れてくる英文はネイティブの音声そのもので、それを毎日繰り返していれば、自然とネイティブのスピードやリズムで話していることになるのですからね。

頑張ってください。

まずは1か月、ダマされたと思って続けてみてください

 

ディクテーションとの併用

ここまでシャドウイングについて書いてくると、あれ?ディクテーションと何が違うの、という疑問がわいてくると思います。

私個人的には、そんなに違いはないと思います。

いずれにしても英語をきちんと聞き取るための方法ですから。

あえて、違いを言うとすれば、ディクテーションは書き出すこともきっちりとやる勉強方法ですから、文章構造などによりしっかりとした学習が期待できます。

他方で、シャドウイングは英語音声をそのままかぶせてまねることですから、しっかりとした英語音声のリズムの習得ができるでしょう。

ただ、あまり違いを気にせずやることです。

結局どちらも英語の勉強なのです。

通勤途中ではシャドウイング、帰宅後机などに迎える時間があればディクテーションなどと分けてもいいでしょう。

くまさん
くまさん
どちらも英語の勉強っていうことですね。

 

英文法の効率的な勉強法

英文法はパターン化が大切

くまさん
くまさん
ここでは大切なことを何度も繰り返しますよ。

英文法、これは英語を理解するうえで避けては通れない関門ですよね。

ここでも多くの人たちが躓いてしまっているのが現状でしょう。

あなたもここで躓いてしまっていませんか?

それでは効率的な勉強法はあるのか?

個人的に英語を勉強している過程で、徹底的なルールのパターンを覚えこむ、というのが私の結論です(精神論でごめんね)。

英文を読んだり聞いたり、また、口に出して言う際も、ある程度はしっかりとした内容のものを身に着けておかないとだめだということです。

世の中での英語学習、特に英会話学習においては英文法は必要じゃないとか、そういった風潮がありますが、私はこれは間違っていると思います。

もちろん、英文法マニアになる必要はありませんが、最低限のルールを知って、それを体に覚えこませる必要があるということです。暗記が絶対に必要かというと、暗記というより、体に身に着けさせること、これが大切です。

なので、変に、この場面で「仮定法過去完了」だとか「不定詞」がどうのこうのということよりも、どういうことを言っているのか、どういうことを言いたいのかで、スパッと理解する、言えることができる、ということが大切なのです。

簡単な例では、あなたがが昨日食べたことを説明したかったら、それは過去のことを説明するわけですよね。

I eat fish.(私は魚を食べる) → I ate fish(私は魚を食べた)

この際に、過去を説明する場合、eatという動詞を過去形に変形させる必要がありますね。-edを付けたり過去形にしたりしてね。

まさにこういうことが英文法のルールのパターン化なのです。

また、ちょっと難しい例をとると、現在完了形と過去完了形の違いは、前者は現在のある時点を起点にした良い方で、後者はスタートは過去のある時点であり、その過去のある時点までの継続などとなります。例えば、I have finished cooking(今、料理終わったよ)と、I had already finished cooking when you came home(あなたが帰った時には料理終わっていたよ)、という違いです。

かといって、別に、文法の名称を覚える必要はありません。

あくまでも、こういったことを言われたときはこういう状態なんだなとか、あなたが何かを話すときや説明するときに自然と使い分けられればいいのです

繰り返しですが、暗記ではなく、パターンを体で覚えさせればいいのです。

既に体に染みついているパターンをそれぞれの場面で使っていけばいいだけなのです。

野球のバッターだって、ピッチャーが投げてからボールがホームベースに届くまでのコンマ何秒かで判断をしてバットスイングをしますよね。マンガやアニメだと、その間、ものすごい思考があってスイングをしますが、実際は一瞬で判断、ストレートなのかカーブなのかに合わせたスイングをしますが、ほとんど無意識の中で行っているというのが現状です。そう、スポーツなのですよ。

英文法を覚えるっていうより、会話のパターンを覚える

 

英文法の具体的な勉強方法

では、具体的にどの教材でどのように覚えていけばいいのか。

私としては、英文法の勉強に単純な問題集はあまりお勧めしてはいません

あなたはなぜ英語を覚えたいのですか? TOEICで良い点数を取るためですか。もちろん、それはあるでしょう。

でも、それで終わりですか?

英語を使って新聞を読んだり、外国の方々とコミュニケーションをとりたいのですよね。それが目的であれば、TOEICの問題集をチマチマ解いて覚えるよりも、体系だっているテキストのほうがいいと思います。

体系だっているとは、英文法のパターンが網羅されているという意味ですよ。

つまり、このルールを体で覚えこませると、こういう場面ではこのルールで話せばいいんだな、というのがわかることになります。

例えば、昨日のことだったら過去形のパターンで話すのだなとかね。もちろん、相手がそのルールで話してきていれば、これは過去のことについてい話しているのだな、ということがわかりますね。

もちろん、英文法マニアになる必要はありませんから、英文法大辞典みたいのは必要ないです。あくまでも今後英語を使っていくにあたって、文法用語を暗記するのではなくて、スポーツのようにパターン化できるものを身に着けていくだけですから。

だって、英文を精読する場合ならともかく、一般に暮していれば新聞だってななめ読みだし、英会話中に、「あ、この人が言っている場面は過去完了形だ」なんて考えませんしね(笑)

私が使っていた教材は、アスカ出版のTOEIC(R)TEST文法完全攻略でした。ちょっと分厚いですが、体系的になっていること、文法の説明書きがあること、訳してチェックなどの練習問題がついていることです。訳してチェックなどの文法問題は、このテキストを何回転かさせる間に、英文の問題なら回答の日本文を見て英文に直すとか、そういう工夫もできると思います。

くまさん
くまさん
英文法はそれぞれの時制などのパターンを覚えることですね。

 

最後に

これだけ書くと、かなり大変だなぁ、と思われるかもしれません。

でも、自分の生活の中に勉強する時間が習慣化してしまえば、実はそんなに難しいことではないです。

まずは、このディクテーション、シャドウイング、英文法をしっかりとやること。これをしっかりとやることにより、知らない間に読み書きの実力もついてきます。

ノウハウを求めて永遠の旅人になる前に、シンプルだけどしっかりとやるべきこと、そのための心構えを書きました。

頑張ってください。

では、また。

【1日6分?】この今!バカ売れしてる英会話教材
おすすめツール!

私がおすすめしたいのはスタディサプリENGLISH!

通勤途中でも家に帰ってきてからもスマホで簡単に英語の勉強ができます。

スマホで勉強とあなどるなかれ!

リスニングだけでなくスピーキングなどの練習もできますよ。

3カ月以内の効果実感者がたくさんいます!

しかもとってもリーズナブル!

取りあえず1週間無料体験から始めてみましょう(登録は簡単ですよ!)

通常
RELATED POST