英語勉強のモチベーション

【英語勉強の息抜き】youtubeを見ながらストレッチと有酸素運動

ストレッチと有酸素運動

なんか、疲れたなぁ、

毎日毎日仕事でお疲れ様です。

最近、お腹周りがタプタプしてきたとか、疲れやすいとか、体力面にちょっとだけ不安を感じてはいませんか?

私も勤めに出ているときに徐々に気になり始めました。

【疲れたなと感じた時】

散歩やデート、旅行などでいろいろ歩き回っていたのが、ちょっと疲れたなぁというようになった。

会社の人たちと飲みに出かけたりするときに、なんだかおっくうに感じてしまう(精神的な意味ではなくて)

仕事をしていても肩や背中などに「ズーン」とした重たさを感じてしまう。

英語の勉強中、疲れてきていて集中できない!

こういったことって、あなたも最近感じませんか?

私は20代の後半くらいから、そう言ったことを自覚するようになりました。

まだ30歳になる手前だったので、精神的なものが積み重なったのか、本当に肉体的な疲労なのかはわかりません。

でも、そうした疲れを感じた時って、何をするのもだるいなぁ、というネガティブな方向になりますよね

それで、わりと早めに帰宅できたときや、休日であっても英語の勉強をせずにダラダラする時間が増えてしまったり。

なんだか、もったいないですよね。

もちろん、休日は心身ともに休むのでダラダラしていてもいいのだ、という考えにはとっても賛成です。

あくまでも、そう言う「休む」という目的意識のないままに、動こうとする気力さえ奪っている体力的な疲労についてです。

今回の記事では、忙しいあなたにとっても、そうした肉体の疲れをなるべく軽減するためにできる運動の方法、習慣づけを書いていきたいと思います。

とっても効果がありますので、ぜひ試してみてくださいね。

 

英語勉強の息抜きとして、30分でストレッチと有酸素運動を一気にしてしまう

シャワー・お風呂に入る前にストレッチ・有酸素運動をおこなう

毎日毎日忙しいあなたにとっては、無駄な時間を過ごしたくないですよね。

できれば、さくっと終わらせて、残りの時間を英語の勉強に費やしたいと思いっているはず。

でも、当たり前ですが、英語の勉強も運動も一日やっただけで効果は出ません。

そうですね、習慣づけがとっても大切になります。

それなら、効率的に短時間でできないか、それなら毎日できるぞ、ということが必要ですよね。なので。。。

30分でストレッチと有酸素運動を一気にやってしまう。

これですよ、これ。

ストレッチにはこんな運動が効果的とか、有酸素運動にはこうしたアイテムが必要とか、ネットを探せばいくらでも出てきます。

でも、最も大切なことはそれを継続することです。

ある意味で強制的にでも習慣づけをしてしまうことが大切です。

私もサラリーマン時代、毎日午前様に近しい勤務をしていました。

帰宅後、シャワー・お風呂に入る前の30分間だけ行っていました。

そのうえで、英語の勉強をするために机に向かっていましたが、さっぱりとした気持ちでできましたよ!

どんな運動をするかという方法論の前に、毎日のどの時間帯にするかということを決めるのがいいですね。

おすすめの運動の時間は、私と同じように帰宅してシャワーを浴びる前です。

ともかく、以下に述べるように結構汗をかくので、シャワー・お風呂に入る前がいいでしょうね。

 

運動後にシャワー・お風呂に入ると、身体だけではなく心もさっぱりして英語の勉強に集中できる!

運動した後に、シャワーを浴びたりお風呂に入ると、身体だけではなく期分もリフレッシュしますよね。

汗だくの身体をさっぱりさせる~、想像しただけでも気持ちいいですよね。

もちろん、この後ビールを飲んではだめで、しっかりと英語の勉強をすることが大切ですけど(笑

理屈はいろいろ解説しようとすると、とても長くなります。

大切なことは、運動してシャワー・お風呂に入ると、それだけでさっぱりする、英語学習の息抜きとしては、これだけで十分なことです。

正直、ここまでの文章で、今回の記事で私が言いたかったことの多くを書いてしまったような気がします。

つまり、毎日シャワー・お風呂に入る前にちょっとだけ身体を動かしましょうよ、ということです。

さて、次は具体的な方法です。

 

【具体的方法】30分ストレッチと有酸素運動

【具体的方法】30分ストレッチと有酸素運動30分ストレッチと有酸素運動の具体的な方法を解説します!

ストレッチ

①部屋にストレッチマットを敷く

②youtubeで10分程度のプログラムを選ぶ

③ストレッチをする

まず、ストレッチです。

一般的に、身体が硬くなってしまうと、血の巡りが悪くなって老廃物がたまって体が疲れやすくなるといわれています。

また、筋肉が硬くなってしまうと、柔軟性がなくって血の巡りが悪くなって、肩や背中のコリやむくみなどといった症状が出てきてしまうとされています。

ストレッチをすると筋肉の緊張をほぐして血行がよくなります。コリや張りの緩和と代謝が高まるので太りにくくなるともされています。

また、柔軟的な動きもするので日々の動きの中での疲れやすい要素が軽減するとされています。要するに疲れにくい体になるということですね。

まずはストレッチマットを敷きましょう

そんなに幅を取るものではありません。

ストレッチマットは星の数ほどありますから、通販でさっくりと手に入れてしまいましょう。

youtubeのプログラムを選ぶ

検索窓に「ストレッチ、柔軟、簡単」などの適当な検索ワードを入れると、これもいくらでも出てきます。

あまりがっつりとしたもの、上級者向けっぽいものなどは外して、これならできそうだなぁ、というプログラムを選んでみてください。

 

ストレッチをする

最初は体が痛かったりしますが、やってるとなれますよ。

毎日のんびりまったりやってみてくださいね。

 

有酸素運動

youtubeで20分程度のプログラムを選ぶ

②有酸素運動をする

有酸素運動の大きな特徴としては、脂肪燃焼効果があるということです。

また、多くの酸素が必要となってくるため心臓や肺の動きが活性化させるという作用もあるとされています。

要するに、ちょっとぽっちゃりした身体を絞って、疲れにくい身体を作るということですね。

youtubeのプログラムを選ぶ

検索窓に「有酸素運動、簡単、自宅」などの適当な検索ワードを入れると、これもいくらでも出てきます。

ストレッチの時と同じように、あまりがっつりとしたもの、上級者向けっぽいものなどは外して、これならできそうだなぁ、というプログラムを選んでみてください。

有酸素運動の場合、目安は15-20分くらいのものを選ぶといいでしょうね。

 

有酸素運動をする

最初は凄く疲れますが、やってるとなれますよ。

毎日のんびりまったりやってみてくださいね。

 

ストレッチ・有酸素運動を継続すると、英語学習の息抜きのみならず、勉強に集中できる!

いわゆる運動にはダイエット効果のほかに、英語の学習にとっても良い効果があるとされています。

専門的な話をすると、セロトニンやエンドルフィンと呼ばれる神経伝達物質が増加して幸せな気持ちが増加する効果があるとされています。

難しいことはともかく、要するに、気持ちいい状態になったり、前向きな気持ちになるということですね。

つまり、英語学習にも前向きに取り組める心身状態になるということです。

もちろん、この効果はしっかりとした運動だけではなく、私がここで提案したストレッチと有酸素運動で燃えられます。

また、こうに思ってみてはどうでしょうか。

仕事から疲れて帰ってきたが、しっかりと体のケアをする「私」がいる

ストレッチと有酸素運動を継続することによる効果は書きました。

身体のケアを続けることによって、疲れにくくなり、それによってダルさも減少し集中力がついてきます。

何かをする前にダルさを感じてしまうと何もやる気が起こらなくなってきて悪循環です。

でも、ダルさがなくなると、今度こういったことにチャレンジしてみようとか、ネガティブ思想ではなく前向きな気持ちになることが多くなります。

 

まとめ:英語学習の息抜きと集中力維持のために運動を行う

まとめますね!

30分ストレッチ・有酸素運動

①部屋にストレッチマットを敷く

②youtubeで10分程度のストレッチプログラムを選ぶ

③ストレッチをする

④youtubeで20分程度の有酸素プログラムを選ぶ

⑤有酸素運動をする

⑥シャワー・お風呂に入る

ここまでストレッチ・有酸素運動の効果について書いてきました。

最後につながってくるのは、身体の肉体的な不調は心の歪みにもつながります。

逆に言えば、身体の不調を取り戻すこととにより、より英語学習の集中力が増すということです。

なにも、運動選手のようにゴリゴリとハードな運動をする必要は全然ありません。

毎日の仕事で辛いこととか疲れていることとかたくさんあると思いますが、シャワーやお風呂に入る30分間だけ、ちょっとだけでいいのでこのストレッチと有酸素運動のコラボを試してみてください。

身体が健康になると、心も健康になる。

そうすると笑顔が増える。

周りのみんなも笑うようになる。

みんなハッピーになる。

そういう気持ちになると思います。

最後まで読んでくださってありがとうございます。

では、また。

腰痛対策ストレッチ
英語勉強中の腰痛対策! 忙しい社会人も寝る前5分のストレッチ!英語、毎日勉強していますか!? 毎日バリバリ働いて、通勤途中もヒアリングの勉強して、家に帰ってきてからも英語の参考書を開いて頑張っ...
RELATED POST