お金

株価が大きく下落したときの考え方(配当金・コツコツ積立)

株価の上下に対する考え方(コツコツ積立)

2018年はややボラティリティの高い相場になりましたね。

ダウ平均株価をみても年初に26000ドル台を付けて、その後24000ドル前後まで下落しました。

その後、盛り返して10月初めには史上最高値を更新します。

で、そのあとは皆さんご存知のように21000ドルを割る水準までに下落しています。

じゃあ、こうした相場環境にどのように望めばいいのでしょうか。

私は現在、個人事業主として生活をしていますが、毎日ザラ場をガッツリとみられるわけではありません。

これは普通のサラリーマンも同じことでしょうね。

この記事で分かること

株価の上下で含み損が積みあがってキリキリ胃が痛い人にちょっとした処方箋

 

一喜一憂せずに淡々と積み立て

結局ね、これに尽きるんだと思います。

当ブログの管理人たる私まさぶーは淡々とインデックスファンドに積み立てを行っています。

また、個別株についても、一定期間を置いて積み立てを行っています。

このあたりの個別の割合については、今後も変動するかもしれません。

もちろん、相場は波があるので、積み立てていったものが相場の急落により含み損を抱えることもあるでしょう。

その時にも、しっかりとした会社であれば淡々と配当は出ますから、そこから再投資を行うこともできます。

また、暴落時はまさに安く株を仕入れるチャンスでもあります。

そして一度手に入れた銘柄は毎年きちんとした配当を出し続けることになります。

いわゆる「不労所得」ですね。何もしなくても株を保有しているだけで、ジャンジャンお金が振り込まれる状態になるわけです。

 

短期・中期トレーダーならボラティリティがあるので儲けられるかも?

私も以前は短期でトレードを行い、その結果に一喜一憂していた時期もあります。

もちろん、株価上昇・下落によって一喜一憂することはいつの時代でもあるので、その点では、まだまだ修行が足りないのですが…。

特に、ボラティリティの高い市場状況や方向感が定まっているような状況を「読むこと」ができるのであれば、短期・中期で利益を出すことは可能でしょう。

例えば、私が投資しているJT。2018年の年末現在、残念ながら私の保有分は含み損ですが…。この下落相場において適切なタイミングで入れば、1か月くらいの短中期の空売りでそれなりの利益を出すことはできますよね。

JT空売りタイミング

ただし、これは相当相場を読む力がないと難しいことです。

だって、株が上がるかどうかなんてわかりませんからね。

逆張りとして「下がりまくったらから短期には反発するだろう」「上がりすぎたから短期には調整(下落)があるだろう」とかそういう形なんですよね。

いずれにしても、株価の上下を読むのは難しい。

指数であってもそうなんですから、個別株の動向はさらに難しいということが言えると思います。

まぁ、こういうトレードをして痛く損失を出していましたねぇ…。

 

暴落時も配当にシフトした考え方

他方で、暴落時にも配当にシフトした考え方をしてみたらいかがでしょうか。

例えば、JTの場合は2018年12月の予想配当は1株当たり150円となっています。

最低投資株は100株なので15000円です。

これは配当利回り5%後半というかなり高い配当利回りとなっていますね(2018年28日現在)

株価が下がると相対的に配当利回りは高くなるので、こうした銘柄を追加購入、あるいは淡々と定期購入することができますよね。

きちんと配当を出し続けている会社があって、その会社の株価が他の会社の株価下落ととともに下落していたら、これはとってもチャンスになりますよね。

まさに金の卵を産むガチョウを「格安」で仕入れる。

淡々と積み増すということは、この金の卵を産むガチョウを徐々にたくさん飼育するという考え方です。

配当金目当てのいわゆるインカムゲインについては、その会社の配当の動向などをしっかりと認識して投資しましょう。。。

 

まとめ:株価が暴落してもいいじゃない

短期での株価差額を取りに行くキャピタルゲイン狙いもいいですけど、忙しいサラリーマンの方などは、中長期的に考えたインカムゲイン(配当)のほうが効率がいいでしょう。

上記したように、株価の暴落時は安く株を手に入れられるチャンスでもあります。

もちろん、今まで保有していた株価の含み損は増えるかもしれません。

でも、そうしている間も配当はきちんと支払ってくれます(そういう会社に投資することが前提ですけどね)

そして、景気は波がありますから、下落局面があっても、その先には上昇局面も発生します。

したがって、下落局面においても淡々と買い増しをしておけば、来る上昇局面の時には自分の持っている株の評価益がどんどんと積みあがることになりますよね。

さらに、積み増して言った株式君たちがどんどん配当を出してくれる。

こんなおいしいことはありませんよね。

なので、下落局面時にも含み損は適当に横眼にみながら、淡々と株を積み上げていくことがいいんだろうね、と思いますよね。

では、また!

 

RELATED POST