英語勉強のモチベーション

英語勉強のモチベーションが下がってきたときに行う劇薬方法

英語モチベーションアップ方法

安心してください、英語勉強のモチベーションは必ず下がります。

人間の心はフラットではないですからね、どんなに意志の強そうな人でも何かを継続している間、必ず心の揺るぎが来ます。

ましてや一般人の私たちが、英語学習を継続している間、「なんか面倒くさーい」「まぁ、なんかだるいな」「全然英語出来ている実感ないな」などと感じることは当たり前のようにあります。

最初の高いこころざしはいずこに行ってしまったのか、と思うくらいに気持ちがなえてくることがありますよね。

もう、だりー、どうでもいいー、仕事に疲れてるのにこれ以上無理~

あぁ、いつかの私の心の叫びを聞いているかのようです。

でも、ちょっと安心してください。

繰り返しですが、モチベーションなんて、勉強を継続していれば下がるし、それは当たり前のことなんですから。

じゃあ、モチベーションが下がってきたときはどうするのか。

もしかしたらあなたにちょっとだけヒントになるような情報を書いていきますね。

 

この記事で分かること

英語の勉強がどうしてもはかどらないときに摂る方法

この方法をとることによって普通は再度勉強へのモチベーションがアップします

 

英語の勉強のモチベーションが下がってきたときはどうする?

目標の再確認と英語力のなさを実感させる

英語学習のためのモチベーション維持の方法はたくさんあります。

美しい(?)方法としては、いろいろありますよね。

海外旅行に行ってみる。

大学に合格する、留学する、海外赴任している自分を想像する。

映画を字幕の見てみる。

などなど。

どれも英語の勉強のモチベーションにぴったりの方法です。

これらには二つの要素が隠れています。

  1. 自分の目標を再確認させる
  2. 自分の英語力のなさを再確認させ、カンフル剤にする

この要素に従った方法は、ある意味では美しく王道となるモチベーションのアップ方法ですよね。

英語勉強だけではなく、受験勉強やその他の資格試験、もしかしたらスポーツなど、今まであなたが資格や勉強と名の付くものにチャレンジしてきた際に行ってきた行動だと思います。

スパルタ式に強制的に勉強を維持させる方法

もちろん、中にはもっと厳しい意見もあるでしょう。

やると決めたからには、それこそ石にかじりついてもやり遂げるんだ。

毎日、無理してでも、意識して机に向かえ。

などなど。

ふむふむ、確かに一理ある。

当然といえば当然ですが、英語に限らず勉強やスポーツなども、やらなければ上達しません。

英単語を100個覚えたら、覚えているのは100個です。起きたら覚えている単語が150個になっていたなんてことはありません。

もちろん、人間は忘れやすい生き物ですから、それを維持するためにも毎日強制的に机に向かい、忘却したところの補修と、新規に知識を詰め込んでいかなければならないです。

なので、モチベーションがどうのこうの言う前に、毎日、強制的にも勉強するというのはとても合理性のある方法といえます。

 

英語勉強のモチベーションが下がってきたときに行う劇薬方法

ただ、この記事では、目標を再確認するなどの美しい方法や強制的に勉強するなどの方法はちょっとおいておくとして、多少過激な方法(?)をお教えします。

やることは二つだけ。

いや、事実上、一つだけと言っても過言ではありません。

まず、英語勉強の目標を大きな紙に書き出す

最初にやることは、あなたが英語の勉強を始めた時に考えた、英語学習に対する目標と時期を決めてやることを改めて紙に書き出すことです。

【目標】

「英語ペラペラになって、楽しく海外旅行をしたい」

「会社で外国人と格好よくコミュニケーションをとりたい」

「○月までにTOEIC900点以上」

【方法】

〇月〇日までに、英単語を1000個覚える。そのためには、毎日〇〇個制覇する。

〇月〇日までに、この英文法の参考書を3回繰り返す。

〇月〇日までに、ヒアリング教材を制覇し、その内容を暗唱できるくらいにマスターする。

このほかにも単純に、映画を字幕なしで見たいとか、モテたい(?)とかあるかもしれませんね。

こうしたことを、ちょっと大きめの紙にマジックで書きだすのです。

何枚か作りましょう。書く目標の数は、紙を3枚作るのであれば全部同じでも、全部別々3種類の目標でも構いません。

でも、メモ帳サイズではだめです。大きな紙なんてないよ、というあなたでも部屋の中や押し入れなどにamazonや引っ越しに使ったダンボールなどはあるのではないですか? もしくは、カレンダーの後ろの部分とか。

大きな紙にきっちりと英語学習に対する目標と方法を書き出したら、今度はそれを部屋のいたるところに貼ってみるのです。

なるべく自然と目に付くところのほうがいいです。

例えば、テレビの脇とか、トイレとか。おすすめはベッドや布団を敷く部屋の天井です。寝る前(電気を消す前)には必ず目に入りますから。

なるべく目に入りやすいところ、おススメは寝室の天井!

 

次は、何もしない

大きな紙に目標を書き出して、部屋のいたるところにペタペタ貼り付けた。

次に何をするのか。

「何もしない」

え?

何もしない?

はい、何もしません。むしろ、してはいけません。無理してでも勉強してはいけません。

テレビが好きだったらテレビを観まくりましょう。ゲームが好きならゲームしてもいいですし、何日間か旅行に出てしまってもいいかもしれません。

とにかく、部屋に目標を貼り出したら、あとは特に何もしないです。

絶対に机に向ってはいけません。

英語のテキストを開いてもいけません。

通勤の時に、英語のアプリを開いてヒアリング勉強、だめです。スマホゲームとかしてください。

仕事から帰ってきたら、ビール片手にバラエティやドラマを楽しんでください。

なお、強制的に勉強しない時間を設定しなければなりませんが、自分の好きな日数を設定してみてください。

そして、ここからが大切ですが、その設定した日数の1.5倍くらいは絶対に勉強してはいけないです。

日数が3日であるなら5日、1週間と設定したら10日間は、絶対に勉強してはだめです。

なぜなら、人は弱い生き物ですから、当初の設定も「このくらいなら」などと甘く設定しがちです。

とにかく、目標を大きな紙に書きだして、部屋のいたるところに貼ったら、1週間くらいは絶対に勉強してはいけない。

休む時間を決めたら、その1.5倍の日数は勉強してはいけない。

 

英語の勉強をする目的があるのに何もしないと、とても焦ります

英語の勉強で周りに遅れまいとする焦りが発生する

あなたが最初打ち立てた目標は、「もてたい」などと周りからはちょっと不純に思われることであっても、あなたにとって英語学習を行うために絶対に必要なことです。

そして、強制的にも勉強をしないことによる焦りが必ず出てきます。

しかも、その期間が結構長い。

目的・目標があって勉強を始めたわけですから、そのための勉強をしないと、あなたはどんどん後れを取っていったり、目標に到達するのが遅くなってしまいます。

もしかしたら、あなたが目標にしていたもの、大学合格、留学、海外赴任がだめになってしまうかもしれません。

そうなると、勉強をやらないことにどんどんと焦ります。

どんどん合格が遠ざかります。ライバルのあいつが海外赴任に向けて今も英語をバリバリと勉強しているかもしれません。

焦って追い込まれると、自然と英語を勉強する気持ちになる

これでいったい、モチベーションの回復のためにどのような効果があるのか?

これは、あなたの心が持っている「負」「ネガティブ」な反発心に期待をかけている効果があるのです。

言い方を変えれば、このままでヤバいと感じる、追い込まれれれば追い込まれるほど、人はそれを打破するために頑張ることができます。

そのために、どうしてもモチベーションが下がってどうしようもない、となったら、強制的にでも、自分を「負」の部分、ネガティブな状況に追い込んでみることです。

そうすると、勉強再開の時、ため込んでいた、ある意味では「負」のエネルギーが爆発的に作用する、つまりバリバリと勉強する気持ちになっているでしょう。

その時には、部屋に貼ってあるあなたの目標が、あなたの勉強のやる気を与えていることになりますよ。

くまさん
くまさん
人間のネガティブパワーはすごいからね!

 

まとめ:英語を勉強するために立てた目標は素晴らしいものです

本来は、やる気を出すため、自分を鼓舞するために美しいモチベーションアップの方法がたくさんあります。

しかし、今回はちょっとだけ過激な、あなたの「府」「ネガティブ」な要素に着目して、モチベーションの再維持のための方法を提案してみました。

実は、私もかつて試した手法です。

どうしても人間はネガティブな思想が、自身にパワーを与えることが多い。

でも、勉強を維持するためには、そうしたダークサイドの方法をとることは確かに効果的ですけど、一つだけ考えてほしいことがあります。

それは、あなたが打ち立てた目標というのは素晴らしいものなのです。

大学合格、海外留学、海外赴任、そしてちょっともてたい、などなど、あなたが勉強するときに立てた目標のことです。

今一度、それらを思い返して英語の勉強、頑張ってみてください。

大丈夫、そのうち「やっぱ、英語の勉強しよう」と思いますから。

あ、気分が乗らなかったらちょっと運動してみる?

では、また。

ストレッチと有酸素運動
【英語勉強の息抜き】youtubeを見ながらストレッチと有酸素運動なんか、疲れたなぁ、 毎日毎日仕事でお疲れ様です。 最近、お腹周りがタプタプしてきたとか、疲れやすいとか、体力面にちょっとだ...
英語漬けのススメ
英語漬けの日々のススメ一生懸命英語を勉強するには英語漬けになるのが一番だ よくこういうことは言われますね。 確かに一理ある。 私も、英語の勉強法...
RELATED POST