英語の勉強方法

【英語】NHK・CNNのニュースは無料でリスニングの力がアップ

CNN NHK リスニング

英語って何が難しいかと言えばヒアリング・リスニングじゃないでしょうか。

どうにしていったらいいのか。

どんな教材使ったらいいのか。

毎日毎日同じような英語を聞いていても飽きるしなぁ。

勉強していくうちに、絶対にぶつかるであろう、この問題。

そんなあなたに、今回の記事では、英語のヒアリングの習慣化ということで、無料でできるヒアリングツールを二つ紹介したいと思います。

実際、これ、私も留学に行く前もそうですが、留学に行ってからも英語の勉強に役立てていましたよ。

とっても有効な方法なので、ぜひ試してみてくださいね!

この記事で分かること

CNNやNHKのニュースは英語ヒアリング力アップにとても力強い味方であること

CNNやNHKを使った具体的なヒアリング勉強の方法

【英語】CNNのニュースで無料でリスニングの力がアップ

ヒアリング CNNCNNヒアリングはとってもおススメ!

とっても簡単なCNN音声の探し方

CNNの音声ニュースを探すことは超簡単。

CNNのサイトに行ってでも良いですけど、youtubeでCNNnewsと検索すれば出てきます。

もちろん、その当日のニュースも出てきますよ。

適当にピックアップして聴いてみましょう。

特におススメなのがCNN 10(CNN Student News)

毎日やっていますし(更新されます)、時事英語だから英語が多少わからなくてもニュース内容をあらかじめ知っておけば、英語で話していることがなんとなくわかります。

それに、これはちょっと余談ですが、CNN 10(CNN Student News)のサイトにはなんとtranscriptが付いていること。つまり、単にヒアリングだではなく、シャドウイングや、書き取りであるディクテーションも一緒にできてしまう。これは、素晴らしい!!!

あわせてシャドウイングやディクテーションについては、【基本】社会人の英語はシャドウイング、ディクテーション、英文法でも紹介していますから、後ほど、そっちも参照してみてくださいね。

 

CNNは時事英語なのでわかりやすし飽きが来ない

CNNニュースのメリットとしては時事英語であることです。

ヒアリング・リスニングの練習をする際には、あらかじめその内容がわかっているか類推できるものが練習には最適です。

なぜなら、特にアメリカ国内の小さな事件事故であるならともかく、大きな事件や国際政治や経済関係のニュースはあらかじめ日本でも報道されていることも多く、あらかじめ内容がわかっていることも多いです。

また、毎日違ったニュースなので、毎日新鮮なニュースに触れることができます。

なので、飽きが来ません。

こうしたことは、このCNNを聞くにあたって、あなたの理解にとても役立つものになるでしょう。

 

CNNは比較的ヒアリングしやすい

次に、本職のアナウンサーが話していることをヒアリング・リスニングできることもCNNを聞くメリットの一つです。

つまり、発音がしっかりしていることや話すペースが一定であること、アクセントなどがしっかりと発音されていることから、比較的聞きやすいのです。

これがバラエティやドラマであると、人によっては聞きづらいことも多いでしょう。日本のテレビを見ていても、滑舌が悪かったりする人も多いですが、ニュースの場合そういったことはほとんどありません。

また、表現にしても下手なスラングは私用されませんので、不適切な言い回しなどを知らず知らずのうちのヒアリング・リスニングをしてしまうといった心配もありません。

英語を勉強し始めのころは、本場の英語がちょっと早く感じるかもしれませんが、日々の英語学習が進んでいくうちに慣れてきます。

 

CNNヒアリングをする場所はどこでもOK

CNNヒアリング・リスニングの場合は、机にかじりついてがりがりと勉強をするというよりも、もっと気軽にできる方法があります。

それは、空いている時間、例えば通勤途中であるとか休み時間、また寝る前にちょっとスマホでCNNを検索して聴いてみるというものです。

気軽にチャレンジしてみてください。

※youtubeをwifi環境のないところで聞くとスマホなどの通信容量をすぐにオーバーしてしまうこともあり得ると思いますので、そこだけは注意してくださいね(笑

  1. CNN音声はyoutubeなど簡単に検索できる
  2. 時事英語なのでわかりやすく飽きが来ない
  3. アナウンサーが話しているのでヒアリングがしやすい
  4. CNNヒアリングはどこでもできる

 

【英語】NHKのニュースで無料でリスニングの力がアップ

NHK バイリンガルモードNHKニュースの副音声だよ!

CNNは国際ニュースでしたが、国内ニュースを英語でヒアリングできる絶好のツールがあります。

それはNHKニュースなのです。

NHKニュースの副音声(英語)で行うヒアリング

NHKの夜7時や9時のニュースでの副音声の英語を聞いてみてください。

やり方は簡単。

ニュースの時間になったらテレビのリモコンの副音声のボタンをポチッとするだけ

そうすると大概がネイティブの副音声が英語の音声をかぶせてくれますので、内容を追いながら理解をすること。これだけです。

 

NHKは国内報道なのでわかりやすく飽きが来ない

このメリットとしては、CNNと同じ効果ですが、ニュースの内容があらかじめ頭に入っていることが多いのです。

日々流されるニュースはあなたの頭の中に事前に入っていることが多いでしょう。

時事関係と言っても、NHKは国内ニュースが中心ですし、完全に新しい全く聞いたことがないニュースは実はあまりない。

あなたも新聞を読んだり通勤の途中でヤフーニュースを開いたり、まったく日々の時事ニュースに触れていないわけではないと思います。

そう、番組の途中から最後のほうに流されるスポット的なニュースならともかく、冒頭から流されるニュースは意外と事前にあなたの頭の中に入っていることが多いのです。

そうすると、流れてきている英語音声の理解も、まったく知らない内容が流れてきているものと異なり、理解の度合いが全然違います。

だって、あらかじめどんなニュースが流れているのか、それなりに理解できているからです。

CNNもNHKもニュースはいつも内容がフレッシュ!

 

日本語テロップも英語ヒアリング理解の助けになる

その時に画面などを見ると、「日本語のテロップ」なども流されるから、そうしたこともニュースをヒアリング・リスニングする際の理解につながります。

ただし、これはあなたの練習の仕方次第ですが、あえてNHK副音声を聞くときには目をつぶって聞いてもいいかもしれませんね。

NHK受信料を考えなければ、これはタダでできる英語リスニングの練習方法です。しかも、毎日フレッシュな内容です。

是非試してみてください。

 

  1. NHKニュースの英語はリモコンをポチッと副音声にするだけ
  2. 時事英語なのでわかりやすく飽きが来ない
  3. 日本語テロップもヒアリング理解の助けになる
  4. CNNもそうだが、タダでリスニング練習になる

 

英語のリスニング能力は徐々にアップする

これは、別の記事でも繰り返し取り上げていることですが、大切なことなので、この記事でもしつこく繰り返しますね。

英語のリスニング・ヒアリングの能力は継続すれば徐々にアップしていきます。

学習を継続的に続けることによって、気づかないうちに、「あれ、なんとなく聞けている…かも」という気分になってきます。

そうしたらしめたものです。

でも、多くの学習者が継続することなく、成果が得られないとして勉強をあきらめて、結局英語って難しいよね、としているのが現状です。

繰り返しますが、一生懸命継続していると、ホント「あれ、なんとなくわかる、わかるぞ」という時期が必ず来ます。

 

まとめ:フレッシュな時事英語はマンネリ防止!

ヒアリング練習、これ、大変ですよね。

また、習慣化するのも大変ですよね。

習慣化するための大きな障害の一つはマンネリです。

CNNやNHKはニュースですから、毎日のニュースはフレッシュですし、事前にそのニュース内容が頭に入っていることも多く、まったく真っ白なところからのヒアリングという形にはならないでしょう。

無料でできることでもありますし、ぜひ試してみてください。

最後までこの記事を読んでいただいてありがとうございました。

このサイトにはほかにもあなたに有益であるかもしれない記事を書いています。

是非立ち読みしていってください。

では、また。

【英語勉強方法】社会人はシャドウイング、ディクテーション、英文法
英語の勉強ではシャドウイング、ディクテーション、英文法を攻略せよ 社会人の英語の勉強法はシンプルに分けて5つだけ 英語の勉強を始めるとき、どのように何を始めたらいいのか。 何か効率的な勉強方法...

 

RELATED POST