英語勉強のモチベーション

【英語のフレーズ】Everything OK?と聞かれた場合

今回の記事では、よく海外のカフェやレストランなどで食事をしているときにあるシチュエーションについて書いていきます。

わりと海外でも聞かれたりすることが多いので、知っておいて損はないですよ。

海外のカフェやレストランにてEverything OK?

海外のカフェやレストランでお茶や食事を注文し、頂いているときによく店員さんが来てこういう感じで聞かれることがあります。

「Everything OK?」

まぁ、これは「頼んだもの、すべて来ている?」といったある種の確認事項のようなもので、「どう、美味しい?」「楽しんでいる?」というニュアンスも含まれているようです。

でも、日本だとあまりないですよね。

高級なレストランとかですと、場合によってはシェフなどが出てきて「お客様、お料理のほうはいかがでしょうか」などというシチュエーションがあります。

でも、普通の街のレストランやカフェなら、あまりそういうことはないと言ってもいいでしょう。

そうはいっても、私もそんなに高級店に行ったことはないので、これがすべてあてはまるわけでもないのでしょうけど。

たまにの贅沢では、そういった高級店も使ってみたいですね!

日本人の場合、料理などがサーブされた後は、あとはゆっくりと食べさせてくれよ(店側からすると、ごゆっくりとお楽しみください)という感じになって、こちらから店員さんを呼ばない限りは、基本的の放置プレーとなりますね。これは、日本人の気質として当然なんでしょう。

 

Everything OK?と聞かれたら反応してみよう!

一方で海外の場合は、先にも書いたように、一種の確認事項なので、美味しいですよ、と回答したりすれば問題ありません。

もちろん、頼んだものがまだ来ていなかったり、その場で何か追加したいものがある場合はこの場で店員さんに言いましょう。

ちなみに、単にOKと答えてもいいですが、慣れてきたらバリエーションなど加えてきてもいいですね

簡単な例をあげますね。

Great, fine, excellentなどはいいかもしれません。

また、空気を読んで、何かの会話をしてみるのもいいかもしれません。

例えば、どういうことか?

観光地のレストランやカフェなどで、店を見渡してなんとなくバタバタしていない状況であって、店員さんがフレンドリーな感じだった場合とかは、積極的に話しかけてみても面白いですよ。

くまさん
くまさん
「このあたりには○○を見に来たんだけど、その他にも見るべきおすすめがあったら教えて」とか、そうしたことで十分です。

フレンドリーな店員さんなら会話も盛り上がりますよ。

以上、ちょっとした記事でした。

何かの参考に役立ってくれたら幸いです。

 

RELATED POST